三聖地 ふしぎ発見!

~三聖地クイズ大会~

未知なる世界へ踏み出そう!

目指せ、三聖地マスター!!

第20問の正解発表

第20問

天皇陛下は、日々、ご祖先と神々に感謝され、広く世の中の平安をお祈りされます。その原点ともいえるのが、宮中祭祀ですが、年間の恒例祭祀のうち、最も重要な祭典と言われているものは次のうち、どれでしょう?
正解 4 新嘗祭(にいなめさい)(11月23日)

【解説】

年間の恒例祭祀のうち、最も重要な祭典が新嘗祭です。

新嘗祭は、宮中三殿に隣接する神嘉殿(しんかでん)で、陛下が新穀(しんこく)を天照大御神(あまてらすおおみかみ)はじめ神々にお供えになって五穀豊穣(ごこくほうじょう)を感謝され、自らも召し上がる祭典です。

お供えになる米と粟(あわ)は全国の農家から献穀(けんこく)されたものと、陛下自ら栽培され た新穀です。

(参考・「皇室」別冊・天皇陛下ご即位30年記念) 

毎年行われている新嘗祭と昨年行われた大嘗祭(だいじょうさい)は何が違うの?

 新天皇が即位して最初の新嘗祭を大嘗祭といいます。

 毎年11月23日、全国の神社において新嘗祭(にいなめさい)が行われます。

 「新」は新穀(初穂)、「嘗」は御馳走を意味し、天照大御神(あまてらすおおみかみ)はじめすべての神様に新穀をお供えして、神様の恵みによって新穀を得たことを感謝するお祭りです。
 
 五穀豊穣を祈願した2月17日の祈年祭と相対するお祭りで、この日、宮中では天皇陛下が感謝をこめて新穀を奉るとともに、御自らも召し上がります。
 新嘗祭の起源は古く、「古事記」にも天照大御神が新嘗祭を行ったことが記されています。今は新嘗祭から勤労感謝の日へと呼び名は変わっていますが、「収穫を祝い感謝する」という本来の意味は変わってはいません。

   一方、新嘗祭のうち新天皇が即位して最初のものを大嘗祭(だいじょうさい)といいます。大嘗祭は、即位の時期が7月までならばその年に、8月以降では翌年に行われます。5月に御世替りを迎えた2019年は、11月14、15日に大嘗祭の中心的となる「大嘗宮の儀」(だいじょうきゅうのぎ)が行われます。
   大嘗祭で使われるおコメは、カメの甲を使った「亀占」(
きぼく)によって産地が決められます。それを「斎田点定の儀」(さいでんてんていのぎ)といい、2019年の大嘗祭に向けては、5月13日に皇居・宮中三殿で古式ゆかしく行われました。東日本(悠紀(ゆき)地方)から栃木県、西日本(主基(すき)地方から京都府が選ばれ、今後、宮内庁と各県の関係者で具体的な場所を決定し、秋の「斎田抜穂の儀」(さいでんぬきほのぎ)で新穀を収穫、お供えられます。

 

過去の大嘗祭の新米の産地は以下の通りです。
明治天皇(1871年) 

 甲斐国(山梨県)、安房国(千葉県)
大正天皇(1915年)

 愛知県、香川県
昭和天皇(1928年)

 滋賀県、福岡県
上皇陛下(1990年)

 秋田県、大分県
天皇陛下(2019年)

 栃木県、京都府

(参考:「新嘗祭と大嘗祭とは何が違うの?」ごはん彩々(全米販)より)

大自然の恵みであるお米を感謝していただきましょう!