1
人は人を常にうらみ、ねたみ、そねみ、争う、不平で、不満で、我がまま気まま、勝手者だ。
こうした間違った心を改めて、布施をして、人様の幸せをはかることが供養なのだ。
(御遺訓集 P28)
~このみさとしを選んだ方からのメッセージ~
秘義三法の内の一つ「天茶供養」は、家庭でできる身近な行です。金剛さまは、御霊魂の安霊成仏を願うだけでなく、心の持ち方を常に改める貴重な行として、その心構えをご指導下さっています。