29
人間は癪に障って寝つかれない晩もあろう。残念な晩もあろう。悲しい晩もあろう。だが一切は自分が無能だと奮然自覚する時、癪と残念と悲しみとは、明くる朝から出世の一歩を踏む大吉の種となります。
(新版/御遺訓集 P79)
~このみさとしを選んだ方からのメッセージ~
以前、自分の感情が乱れて悲しみにふけていた時、支部のご家族の方が、このページを開いて見せて下さったみさとしで、忘れられない大切なお言葉です。この言葉を読ませていただき、自己を反省し、涙が沢山溢れました。自分の足もとをいつも見つめて、自己反省し、自己を高めていきたいものです。