ミャンマー・スタディツアー2020

講話・報告会・感想文

 本年3月7日から14日かけて行われたミャンマー・スタディツアー2020を終えての、大畑団長の講話、参加メンバーによる報告会動画を配信致します。
 例年、報告会を行っている青年講座・ブロック青年会の中止が続く状況を考慮し、参加メンバーの熱い思いを、いち早くお伝えするため、動画配信という形をとりますこと、何卒ご了承いただけますようお願い致します。
 なお、参加メンバーからは動画撮影を終えての感想も寄せられています。どうぞご覧ください。

大畑団長の講話

東京​ブロックの報告会

①加藤 一行

 (東京第5教区・浅草支部)

②宮島 正和

 (東京第6教区・御徒町支部)

③西條 公弥

 (東京第6教区・荒川支部)

④大和田 智也

​ (東京第7教区・川崎元住吉支部)

【報告会後の感想】

①加藤 一行

勢いと勢いで頑張って動画撮影に挑みました‼️
この熱い気持ちが動画の中で空回りしてすべってないか不安ですが、皆様に届けば良いなと思ってます‼️

 

②宮島 正和

台本を見ないで行いましたが、緊張してしまい、途中途切れたりちょっとした失敗もしてしまいました。しかし、ミャンマーで体験した熱い思いは発表出来たと思います。
もう少しリラックス出来れば良かったと思いましたので、今後活かせるようにしたいです!

東京は4人集まることができ打ち合わせしながらできましたが、新鮮さを求めるため1発勝負で行っていたので、沈黙や噛んでしまったりもありましたが東京らしくできたと思います!
 

③西條 公弥

熱意を伝えるために所々台本を読まないようにしたりしましたが、おかげで噛む量が増えた気がするのでお聞き苦しい所がないか心配です。
ただこれをみて少しでもMSTに興味を持ってもらえれば嬉しいです。

 

④大和田 智也

北関東ブロックの報告会

①荒木 裕翔

 (群馬教区・群馬水上支部)

【報告会後の感想】

コロナウイルスの感染拡大の中、無事にスタディツアーを完遂させていただいた事に感謝の気持ちでいっぱいです。報告会は残念ながら皆さんの前で発表とはいきませんでしたが、ビデオでの報告会の撮影を行えた事に感謝し、来年度のツアーメンバーに向けて襷を繋げたらなと思います。

(写真:報告会当日の様子)

②土田 綾

 (南信地区・長野上諏訪支部)

【報告会後の感想】

改めて、自分の思いや考えを人に伝えるというのは難しいことだと感じました。
家族や支部の方々に改まって話すということはなかなかできなかったのですが、機会をいただいて報告できたので良かったです!

(写真:報告会当日の様子)

神静ブロックの報告会

①小島 夕実

 (神奈川教区・神奈川大井支部)

【報告会後の感想】

議長さんや道場の方からの協力を頂きながら、無事に報告を終えることができました。
思っていたより考えなければならないことが多く、読む練習は何度もしておく必要がありました。ですが、当日シュミレーションをしながら臨機応変に対応していくことも重要だと感じました!

(写真:報告会当日の様子)

中部ブロックの報告会

①小川 真由

(名古屋第1教区・名古屋西味鋺支部)

【報告会後の感想】

今回このような形での報告会となってしまったことは残念でしたが、モバイルサイトでの動画配信だったり、どんな動画にしようかみんなで電話をしたりという事は、この時代だから出来ることだな。と感じたのと同時に、様々な状況にその都度、臨機応変に対応していけるような人になっていきたいなと思いました。

(写真:報告会当日の様子)

関西ブロックの報告会

①清水 優希

 (北陸教区・福井加茂河原支部)

【報告会後の感想】

5月23日に報告会の撮影を無事にさせていただきました。
仕事とバイトであまり読み込む時間が取れませんでしたが撮影をしてみて読み込む時間の大切さを改めて知ることができました。
私は議長さんをはじめ、支部を貸していただいた支部長さん、教区の部長さん、支部の班長さん、そして増永副本部長にもお手伝いをしていただきました。
多くの方にお手伝いいただき一つの動画が作られますし、これが当たり前ではないこと、「感謝」の大切さを改めて感じました。

(写真:報告会当日の様子)

九州ブロックの報告会

①藤本 雄太

 (九州南地区・天草本渡支部)

【報告会後の感想】

6月7日に天草本渡支部にてミャンマー・スタディツアー2020の報告会を無事終えることができました。本来ならば、ブロック青年会で皆さまの目の前で報告ができればよかったのですが、新型コロナウイルスの影響による接触制限によって、zoomを用いての報告となってしまい残念でした。しかし、そのような状況にも関わらず、多くの方に視聴していただき、支部の方も一生懸命報告会の準備をしてくださり、とても助かりました。今回のツアー参加にあたり、多くの方々の支えがあって参加が実現し、お蔭でとても貴重な経験をさせてもらったので、一人でも多くの方に報告をする義務があると思っていました。2回ほど事前にリハーサルをしていたお蔭で本番はあまり緊張することはなく、ちょっとした機器トラブルはありましたが、報告会を無事終えることができてホッとしています。不慣れな環境での報告会で、少しぎこちない発表になってしまったかもしれませんが、予め伝えようと思っていたことは伝えれたと思うので、その点は良かったと思っています。また、今回は親戚の前でプレゼンテーションをするという、あまりないシチュエーションで変な緊張感がありましたが、新鮮でそれもいい経験になったと思っています。今回の報告会を終えたから終わりにするのではなく、今回のツアーで得た知識や経験を自分なりに考えながら、今後自分や周りの人のために少しでも還元できればいいなと思っています。そして、最後にはなりますが、このような機会を与えてくださった本部、支部、親戚、家族の方々、本当にありがとうございました。

(写真:報告会当日の様子)