「やり続ける人が結果を出す」

青年本部事務局次長 舘野 庸子

 こんにちは、青年本部事務局次長の舘野です。

 いつも、皆さんそれぞれのお立場、環境で、ご尽力されていることと思います。お互い様にお役目お疲れ様です。

 めっきり秋模様となり、外では虫の音が鳴り響いています。今年は蝉の鳴き声をあまり聞けなかった夏と感じますが、蝉はそれでもまた、来年の夏を見越して、毎日努力を続けることと思い、すごいなと改めて感心いたします。

 先日、オリンピック、パラリンピックが無事閉幕をし、アスリートの皆さんが、今までの人生を懸けて来られた成果を出し合い、競技のルールの中で熱戦を繰り拡げられました。勝っても負けても最後は相手を認め、讃え合う姿に称賛を覚えました。精一杯戦い、力を振り絞る姿は美しく、何度も感動の涙を流しました。また、スポーツは、世界の国境を越えて言葉も交わさずとも、分かり合えるものとだと思いました。本年、コロナ禍でオリンピック出場を断念せざるを得ない人々も多くある中、日本国で開催できたことを誇りに思うとともに、関わったすべての人々に感謝の気持ちでいっぱいです。多くの感動をありがとうございました。

 オリンピック、パラリンピックの選手の成果を取り上げてもらえるのも、メダルを獲得した選手の一握りの人に限られてしまうかもしれませんが、出場される選手は毎日、人目に触れることなく努力を重ね、練習を繰り返していることと思います。その日々の積み重ねが、アスリートの成果に繋がっていることは、皆さんもご承知の通りだと思います。

 私たちは、オリンピック、パラリンピックの選手とは異なるかもしれませんが、日々、解脱会という法縁のなかで、解脱会青年本部として、自身の心を磨くための組織と多くの仲間と、また、学べる拠点をいただいています。そして、活動する場があります!


 金剛さまは、宗教という道を一人から始められ、人々の幸せを願われ今でも強く見守り、慈しまれていらっしゃることと拝察し、信じてやみません。また、その想いを受け継ぎ、先人、先覚者、私たちの先祖が築き繋いでこられたこのみ教えの継承は、今私たちの手に委ねられています。

 この世代を生き抜く私たちに課せられた役目は、どんなものでしょうか?

 コロナ禍になり、大切なもの、時間、環境、体制が今まで通りには行かなくなりました。そこで、見えてきたもの、見えなくなったもの、各々が感じられたことと思います。

 だからこそ、金剛さまが説かれた真理を心の中心に置いて、これからの活動の新しい取り組み、工夫が求められているように思います。どうか、若い柔軟な頭、心で、今の時代に見合った手法を取り入れて多くの仲間と一緒に、時代をリードしていける行動を展開して参りましょう。

 それには、日々の朝夕の勤行や、秘義三法で培った綺麗な心、素直な実践が、必要不可欠だと思います。 『たゆまず、続けること』ここに、キーポイントがあると考えます。やり続けた人が幸せになれる‼️


 世界では、『誰一人取り残さない世界(SDGS)』を目指して取り組みが実施されています。


 み教えを学ぶ私たちも力を合わせて、この苦難を乗り越えて、あたらしい取り組みを展開して、明るい未来を創造し、一人ひとりが、自分にできることを、気付いた時から始めて参りましょう!


 さあ、実りあるしあわせな人生を築いていきましょう!