三聖地への想い

   関西ブロック議長 稲田 卓史

 皆さん!三聖地巡拝錬成へ参加したことない方もいらっしゃるとは思いますが、参加したことのある方は初めて参加されたのはいつでしょうか? またその時の記憶・思い出等はありますでしょうか? 私が初めて参加したのは約25年前の小学校4年生のときになります。その時の印象は、ただただ暑い!そして暑い中で鮮明に覚えているのは日陰で参拝を行う橿原神宮の回廊になります。その当時、回廊に入れるのは当たり前と思っていましたが、それは当たり前ではなく、個人で参拝へ来たのであれば入れないことを後に知ることとなりました。さらに伊勢神宮・御寺泉涌寺に関しても、特別に参拝させていただいていることを勉強する中で知ったのは他でもありません。この中で参加回数を重ねることにより、その時の年齢、自分の立場、置かれている環境によって楽しい行事から気づきの行事へ変わっていきました。人の成長を目の当たりすることがあったり、周りの皆に助けられていることに改めて気づくことができ、毎回違う勉強をいただいている気がします。

 さて、この10年間、2年に1回の行事であったにもかかわらず、前回の三聖地巡拝錬成はコロナ禍のため延期となりました。当たり前に行われていた行事も延期せざるを得なかったのは記憶に新しいと思います。そこで、私から参加される方、参加できない方関係なく皆様へお伝えしたいのは、当たり前に開催されている行事ではないこと!そして4年ぶりに開催された場合に、以前の錬成と違う新たな気づきが得られる三聖地巡拝錬成になると思っております。参加いただいたときには、一緒に学び、一緒に楽しみましょう!

 最後に、三聖地巡拝錬成にてお会いできることを心から祈念致しまして、私の三聖地巡拝錬成の想いを終わらせていただきます。ありがとうございました。