三聖地巡拝錬成 議長の想い vol.2

1月よりスタートし、8月まで毎月一人ずつ、議長のメッセージを紹介していきます。

一人ひとりの熱い想いが込められたメッセージを読み、自身の糧として、一人でも多くの仲間と共に三聖地巡拝錬成に参加させていただきましょう!


「三聖地巡拝錬成への想い」

西日本ブロック議長 小田原 徹

 今年も三聖地巡拝錬成がやってきます。皆さんは、この行事に対してどのような気持ちをお持ちでしょうか?私は、「よし!参加させて頂こう!」と嬉しい気持ちになります。暑い中での参拝だったり、仕事の都合をつけたりと準備なども大変なのになぜなのか?

 それは、毎回違った風景、雰囲気、気付きや学びに出会えるからです。参拝する場所は同じなのに、どうしてそのように思うのか?その理由は、その時の自分の気持ちの在り方や姿勢、自分の置かれている環境などによって、それぞれの聖地や巡拝の行程の受け止め方が違ってくるからです。何気ない景色の中に、幸せを感じることもあれば、嬉しくなるような発見があったりします。反対に、気持ちがマイナスな時は優しく包んで癒し、諭してくれているような感覚を覚えたりする時もあります。この気持ちや感覚は、実際に参加しないと感じ取れないものです。

 また、多くの仲間“法友”と一緒に思い出作りや、三聖地巡拝という大きな目標を達成出来るのも魅力的です。

 この行事に合わせて、全国から約1,000人もの“仲間”が集まることはすごくないですか?その“仲間”と一緒に参拝して語りあったり過ごす中で交流を深めて、さらにその輪が広がっていき、普通に過ごしていたら出会えなかった人と友達になれたりもします。

 その人たちと一緒に大きな目標を達成できたなら、心に強く残るものになります。

 暑い時期だし、行程も長くて大変だなぁ、と行く前から敬遠したくなる気持ちを持つ方もいるでしょう。ですが、「そんなこと言わずに、まず参加してみようよ。最後には“参加して良かった!”という気持ちになれるよ!」と、言いたいです。これは、参加してきた私が実際に体験したことなので、自身を持って言えます。

 知識は、本を読んだり体験を聞けば学んでいけます。ですが、その場所の空気(雰囲気)や尊さなど、肌や心で感じることまでは学べません。例えば、写真やレシピなど見ても、その料理の舌触りや味などわかりませんよね?ある程度想像は出来るかもしれませんが、実際のものとはかけ離れていると思います。

 行くまでの聖地についての学びと、三聖地巡拝錬成参加という行動の二つが合わさった時、それはおおきな「宝」として自分の心に残ります。

 その「宝」は大きく、自分の成長や誇り、自信となっていきます。

 9月の三聖地巡拝錬成に一緒に参加して、私たちの「宝」を見つけにいきましょう!