世界平和へ向けて 写経の紹介

新型コロナウィルスが感染拡大している中、この状況が少しでも早く終息に向かうようにと皆さん一人ひとりが様々な取り組みをされていることと思います。

更に取り組みの一つとして、写経を紹介させていただきます。


写経とは、仏教において経典を書写することと、その書写された経典のことを指します。 その目的は古くは信仰や祈願、供養のためとされてきましたが、現代においては精神の安定を目的に写経に取り組む方も増えています。

【参考・終活ネット URL:https://syukatsulabo.jp/obosan/word/195】


また、平成29年には当時の皇太子殿下(現在の今上陛下)が、お誕生日に際して行われた記者会見において、飢饉(ききん)や疫病の流行に心を痛められた御歴代天皇が般若心経を写経して奉納された例について仰られています。

【参考・宮内庁ホームページ https://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/9


ぜひ、真心からの写経に挑戦してみてはいかがでしょうか。