top of page

第182回春季大祭奉仕報告(おみたま櫃、鼓笛)

 去る5月13日(土)、14日(日)に御霊地にて第182回春季大祭が開催され、青年部では東京ブロック、北関東ブロック、スタディツアーメンバーを中心に奉仕活動にお使いいただきました。

 7日(日)の青年講座後に行われた事前の準備奉仕では、雨が降りしきる中、ずぶ濡れになりながらも1週間後の大祭に向けた準備にお使いいただきました。

 今回の大祭は、コロナ前の形式に戻しての開催となったことに加えて、式典両日共に雨に見舞われる大祭となりましたが、東京ブロック、北関東ブロックの青年部員が、雨にも負けず、臨機応変な対応で、元気に奉仕活動にお使いいただくことができました。

 スタディツアーメンバーは、2023のメンバーに加えて、昨年のメンバーも応援に駆け付けまごころ募金活動にお使いいただき、募金額は¥364,175にものぼりました。まごころをお寄せ頂いた皆様、誠にありがとうございました。

 式典では、全国の各ブロック・教区から選出された青年幹部の方々が、おみたま櫃奉迎安置の儀でのお役目を担い、厳かにお山内を参進し、全国の会員さんが申し込まれた萬部供養の執行証が納められたお櫃を、萬霊魂祭塔前に安置させていただきました。

 また、東京ブロックから2日間合計で5隊の鼓笛隊が出場し、式典の開式を元気な演奏で盛り上げてくれました。

 それぞれ異なる役割ではありましたが、お役目を担われた方々大変お疲れ様でした。

 写真にて、おみたま櫃のお役目を担われた方々、鼓笛隊の方々を紹介させていただきます。


おみたま櫃 13日(土)に

お使いいただいた役員 


 

おみたま櫃 14日(日)に

お使いいただいた役員


 

13日(土)に出場の、

東京第1教区鼓笛隊「ファーストウイングス&リトルウイングス」(右)と、

東京第2教区鼓笛隊「ブルーサンダース&ビーズ」(左


 

14日(日)に出場の、

東京第4教区鼓笛隊「ミラクルフォース(左)、

東京第6教区鼓笛隊「アスタディッグクラブ伶(れい)(右)、

東京第7教区鼓笛隊「アーバンエンジェルス&レインボーフェアリーズ」(中)


Comentarios


bottom of page