1ヶ月間で得た気付き

青年部教務員・神静ブロック議長 髙野 聖太郎

 最近、コロナストレスによりイライラしている人が増えてきた気がします。仕事でもいつも通りやっているつもりが、トラブルになるケースが増えて何か変な気分でした。  そんな中、息子達と録画していた「風の谷のナウシカ」を観ました。久しぶりに観ましたが、何度も観たはずのストーリーですが多くの気づきをいただきました。様々な国や多くの人間が自分の利益の為、武力や虫を使って他国を攻撃し、奪ったり陥れたりします。しかし、「ナウシカ」はどんな時も前向きで暴力や争いを選ばず、みんなが気づくまで自分の命を掛けてひたむきに行動します。そして、周りの人間を良い方向へ導いていきます。  私たち解脱会員がこの国難の中あるべき姿を感じました。果たして自分は国にとって、先祖にとって、周りの人達にとって、子供達にとってどのような存在になれているのだろうか。改めて自分の未熟さを感じさせられました。  アニメから学ぶことはとても多いです。  ワンピースのルフィという主人公からは、自分の夢を叶えるのに人のせいにしない事。仲間を必ず守る事。権力に屈しない事。  鬼滅の刃の煉獄杏寿郎(きょうじゅろう)からは、自分が頑張った過去を後輩に押し付けない事を考えさせられました。  コロナ禍で不安や不満でいっぱいになると自分の利益の確保に精一杯になりがちですが、 今こそ他人を思いやる「ナウシカ」のような存在でありたいと思いました。解脱は学んでいればいいというわけではありません。社会に使っていただいてこそ学ぶ意味があるのだと思います。  今こそコロナに振り回されない強い信念を持って、私たちが周りの人々を導く時ではないでしょうか。  コロナで外出を控えている方が多いかと思いますが、たまにはぜひ上質な日本のアニメをご覧になってみるのもいかがでしょうか? たくさんの生きるヒントを与えてくれるかもしれません。


39回の閲覧