R1.11 東京ブロック・天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典 奉仕(後半)


東京ブロック 奉仕者の感想文

【後半】(東京第5~7教区、茨城教区)


<東京第5教区>


【六月支部 高鹿 靖恵】

 御代替りの記念すべき年に、国民祭典の奉仕にお使いいただけて、とてもありがたいなと思いました。

 奉仕内容は入場前の手荷物検査でしたが、持込み禁止のペットボトルを持ち込もうとする方がとても多く、想像以上に大変でした。式典中、陛下に向かってペットボトル等を投げつけようとしたなど、そういう事がなかったようなので、心底安心しました。


【浅草支部 岩下 阿弥】

 手荷物検査の奉仕では情報が右往左往しており大変な面もありましたが、なんとか無事に終える事ができ、また解脱会がこのような責任ある役目を任せていただけたことも素晴らしい事だなと思いました。普段の解脱行事とはまたちがった新鮮で特別な雰囲気の中で、はじめはとても緊張しましたが、楽しみながら奉仕を行うことができました。

 式典では、これまで感じたことのないような厳粛な雰囲気の中で新しい時代の幕開けを改めて感じ、身の引き締まる思いでした。実際に天皇陛下を前にして、御即位のお祝いをできたことが嬉しく、また陛下のお言葉の中で、台風の被害に遭った方々を案じてくださっていたりと改めて国民ひとりひとりの幸せを日々願ってくださっているという事を切に感じることができました。そしてこうした国民祭典に奉仕者として参加させていただけたことは本当に有り難く誇らしい事だと思いました。


【台東支部 中條 伸昭】

 当日奉仕をさせていただく中で、一般参加公募倍率が非常に高い事に驚き、今回奉仕をさせていただく事、家族や会員さんが、参加できた事は当たり前な事ではなく、皇族にご縁のある金剛さまのお蔭様、解脱会員である事のお蔭様を感じさせていただきました。奉仕中は理不尽な事を言われたりする事もありましたが、当日いらした方の思いは皆同じで、いつも国民の平和を祈られてる陛下の御即位をお祝いしたい。その思いを奉仕をしながら、また最後の万歳三唱から感じる事が出来ました。中には嵐も観たくてきた人もいたかもしれませんが。

 今回記念すべき陛下御即位祝賀式典の奉仕に携わられせていただき、また普通では味わう事のできない体験をさせていただきありがたい気持ちでいっぱいです。天皇陛下の御即位と共に始まった新たな令和という時代に、常に国民の平和、世界の平和を願っておられる陛下の御心を胸に解脱会員として社会に貢献できる人材となるよう精進していかなければと思わせていただきました。改めて奉仕にお使いいただきありがとうございました。


【台東支部 山田 貴文】

 2019年11月9日、皇居敷地内にて国民祭典が挙行されました。天候にも恵まれ、曇ることなき晴天の中で奉仕できたことは、とても有難い限りであります。当日の奉仕活動内容として、来場者の方々の手荷物検査を務めさせていただきました。会場内にペットボトルを持ち込めない点において、安全に式典を挙行するためとはいえ、来場者の方々から飲みかけや未開封のペットボトルを回収するというのは、個人的にいささか心苦しいものでした。式典におきましては、各業界より参列された豪華ゲストの方々、そして1万人を超える来場者の方々と共にこのおめでたい日をお祝いされて、本当に素晴らしい式典になったと思います。 また、天皇・皇后両陛下のお姿をお目にかけることができ、優しく暖かなお言葉をいただけて、私自身非常に感極まっております。日々国民一人ひとりの平和と安寧を祈願して下さっている両陛下。そんな両陛下の慈愛に満ちた御心に感謝しつつ、これからも「令和」という新しい時代を共に歩んでいきたいと思います。御即位、誠におめでとうございます。


【浅草支部 田村 阿紀子】

 今回、記念すべき式典に奉仕として参加させていただき、またお運びいただけたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

 全国から約3万人の方が招待されると言うことで、その中でも沢山の応募があり、倍率は約25倍と聞かされ、改めて今回の奉仕の凄さに圧倒されたとともにその場に自分が参加できたことがなによりも嬉しく、感動しました。

 そして、天皇皇后両陛下が、いかに国民に愛され、大切にされているか改めて感じさせていただきました。

 私は毎年青年部で皇居勤労奉仕に参加させていただいており、その際、御会釈を賜る機会がありますが、式典を通して自分が今まで経験していたことが、どれだけ尊く、ありがたい事だったかを改めて感じさせていただき、初心に帰らさせていただけた経験でもありました。

 これからも御皇室のある日本に生まれ、日本人として生きているということを誇りに思い、解脱会の活動をしていきたいと思います。ありがとうございました!


<東京第6教区>


【御徒町支部 宮島 完侍】

 初めに、天皇陛下御即位記念式典のご奉仕にお使いいただきまして、有り難う御座いました。

 一生にあるかないかの貴重な経験をさせていただきました。

 内容は、手荷物検査がメインでしたので、参加者1人ひとりと接することができ、この祭典への思い入れを感じました。また、解脱会として天皇皇后両陛下の記念式典にお使いいただきましたが、そんな環境に自分がいる事がとても有難い事だと改めて感じました。

 貴重な経験をさせていただき、本当に有り難う御座いました。


【荒川支部 菊地良鷹】

 この度は、国民祭典の奉仕に参加させていただき有難うございました。十年に一度、数十年に一度の奉祝の祭典にわずかでも携わることが出来て、本当に有難く貴重な経験をさせていただけました。入場ゲートでの荷物チェックをさせていただきましたが、13時過ぎから16時半ごろまでほとんど人が途絶えず、たくさんの方が天皇陛下のご即位を祝っている事に感動しました。

 天皇・皇后両陛下のお出ましの際には、距離が遠く御姿をなんとか確認出来る程度でしたが、モニター越しに陛下の優しい笑顔も拝する事が出来、直接会場で御即位をお祝いする事が出来て嬉しく思いました。また会場後方から、日の丸の旗を振ったり提灯を掲げてお祝いする参加者の方々を目にして、国民の一体感を感じ、日本に生まれて良かったと思いました。こんな日本があるのは歴代の天皇陛下が祈り続けてくださったお蔭様であり、本当に有難い存在なんだと再確認できました。ありがとうございました。


【江戸川北支部 嶋崎茅里】

 国民祭典に奉仕として出させていただきとても、嬉しかったです!

 奉仕では、荷物検査という、重役をさせていただき、緊張感もって行わせていただきました。飲み物が持込不可であったために、来場者の中には不満を言う方もおりましたが、最終的に理解していただき、大きなトラブルなど起きず、無事にお使いいただくことが出来、良かったです。

 天皇陛下が述べられたお言葉を聞き、自分が出来る人の役に立つことをさせていただこうと改めて感じさせていただきました。

 皇居前広場で老若男女問わず、多くの人たちと天皇皇后両陛下のお祝いをさせていただけたことが本当にありがたかったです。

 貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。


【荒川支部 打越宏美】

 この度は、御皇室の大切な行事である国民祭典に、御奉仕という形で出させていただき貴重な経験をさせていただきました。ずっと参加したいと思っていた皇居勤労奉仕は仕事の為、参加出来ずにいました。今回初めて御皇室の奉仕に参加し、式典内の天皇陛下がスクリーン上ですがお出ましになられた時、国民祭典に向けて作詞作曲楽曲された音楽や歌に感動で胸がいっぱいになり、終わってからも尚、心の中に熱く燃え上がる物があります。また両陛下の国民を心に思う温かなご挨拶を身近に拝聴させていただき、本当に日本という国に生を受けたありがたさを実感致しました。「天皇陛下、万歳」。これからの日本、そして令和の時代がいつまでも平和であることを祈り、今後とも世のため人のためにお遣いいただけるよう、精進していきたいです。解脱会代表として御奉仕させていただき、ありがとうございました。


<東京第7教区>


【横浜日吉支部 林田 豊】

 この度は国民祭典奉仕にお使いいただき誠にありがとうございました。神聖な皇居で奉仕出来た事に感謝し、今回の奉仕を通してご皇室に微々たる力でありますがお使いいただけた事に感激しております。解脱会行事ではない奉仕活動で、様々な団体や組織などが協力してこの国民祭典に参加出来た事も貴重な経験になりました。

 式典中に天皇皇后両陛下が御出ましなった時は今までの祝賀ムードから打って変わり凛とした空気に変わり、その両陛下の御姿は遠くながら拝見させていただけた事に感動致しました。寒い中、両陛下は常に優しい表情で時折互いに声を掛け合うような御姿をお見受けした時に、これが「正に日本人のあるべき姿」だと感じました。私も少しでもその姿に近づきたいと心に新たな目標が出来ました。今回のこの貴重な体験を一人だけの物にせずに一人でも多くの青年部員に伝えその青年部員共に、来年の三聖地巡拝錬成に参加させていただきご皇室の尊さや日本の素晴らしさに触れさせていただけるよう努力精進致します。


【横浜日吉支部 石川 幹】

 今回の奉祝行事に参加させていただけた事に1人の日本国民として光栄に思います。一生のうち2度と無いであろう貴重な機会を噛み締めながらお遣いいただきました。

 普段の奉仕ではあまり関わりの無い他団体や一般の参加者の姿を拝見し、また、後日TV等の報道を見ると、いかに国民が御皇室へ心を寄せているのかを感じることができました。

来年は三聖地がありますので、今回の感謝の気持ちを持って臨ませていただこうと思います。

 また、決して円滑な運営ではなかったと思いますが、皆さんの日頃の奉仕の成果とブロック、本部職員の皆さんのおかげさまで無事に完遂出来た事に感謝申し上げます。


【横浜日吉支部 関 万理】

 国民の祭典の奉仕に参加させていただきまして、こんな貴重な経験が出来たのは日本国民として、誇りだと思います。

 ちゃんと荷物検査係としてお使い出来たかは心配ですが、1つ言えるなら、もっと配布物やお預りの札があればよかったのと、持ち物禁止欄に液体物の持ち物禁止と記載のほうがわかりやすかったのかな?と思ったところです。

 国民祭典に関われた事は、鳥肌もので…祝賀会も拝見させていただけたこともあり最後には涙流してしまいました。

 改めておめでとう御座いますと言える祝賀会でした。

 記憶と共にこれを誇りに日本国民として精進していきたい思いました。


<茨城教区>


【茨城小田支部 水谷 優希】

 私は初めて国民の祭典に参加させていただきました。当日はとてもいいお天気でしたが、基本的にテントの中で手荷物検査係をしていたので少し寒く感じました。沢山の人が早い時間から来場されて、私たちのところで検査を受けました。今回は水分の持ち込みが禁止だったのですが、それを知る人が殆どいなかったのか、沢山のペットボトルが回収されました。17時10分になると国民の祭典2部が開始されました。天皇皇后両陛下が橋の上から手を振っておられるのを拝見して、無事に2部を開催出来たことを嬉しく思いました。きっとこの場にいる誰もが今日を楽しみにしていたんだろうなと感じました。私も普段は遠い存在の天皇皇后両陛下がいつもより身近に思えました。今日も国民のことを考えてくれている天皇皇后両陛下に感謝したいと思います。


【茨城小田支部 藤田 悠希】

 今回、解脱会青年部の一員として国民の式典にお使いさせていただけたこと心より感謝致します。

 1日を通して他団体の方々と協力しながらスムーズな奉仕活動ができ、また誰一人怪我をすることなく無事に行事が行えてよかったです。御神輿やパレード、舞台上で行われた演目を拝見させていただきましたが、どれも日本の伝統を感じることのできる美しいもので、感動すると同時に伝統を大切にする文化のある日本に生まれてこられて私は幸せだなと思いました。首都東京のビル街に様々な時代のものがタイムスリップして来たかのような光景が目の前に広がり、見ていて不思議な感覚になりました。まさに新しい時代、「令和」の幕開けを自分の目を通して生で見られたと思うととても嬉しかったです。このような貴重な体験をさせていただくことができ、とても光栄でした。これからの令和の時代をより良いものにできるよう微力ながらも努力していきたいと思います。ありがとうございました。


【茨城小田支部 飯塚 弘之】

 秋晴れの空の下、国民祭典の奉仕が開始されました。

 開場を待つ中で、全国の御輿や鼓笛隊を見て、参加されている皆さんが御即位を喜んでいる様子がうかがえました。手荷物検査の奉仕では、飲み物(液体)の持ち込み禁止ということで大量のペットボトル・飲み物の廃棄が発生し、買ったばかりのものも含まれており、非常に心苦しい思いをしました。中には「招待状に記載がなかった」などのクレームを入れられる方もいらっしゃり、申し訳なさを強く感じました。

 天皇陛下がお出ましになられてからの奉祝曲では、「君が笑えば世界が輝く」とのフレーズが耳に残りました。常に世界平和を願われている、天皇陛下が笑っておられるときが、皆が幸せに過ごしている時であるという想いを歌っており、今回に相応しい曲だと感じました。

 国民としての一大行事に参加させていただき、さらに運営側に回らせていただけるという有り難いお運びをいただき、本当にありがとうございました。