R3.10 西日本ブロック・社会貢献奉仕活動

 西日本ブロックでは10月3日、社会貢献奉仕活動として、弘法大師空海の母親が日参もしていた熊手(くまで)八幡宮も近い場所で海岸寺というお寺さんの目の前で清掃活動を行った。海水浴もできる場所でサップやウインドサーフィンも楽しめる場所です。

 当日は天気も良く、バーベキューを楽しむ家族なども多く来ていました。満潮から引き始めということもあり、一体どれくらいのゴミが漂着しているか心配していましたが、これまでも何度も清掃していたお蔭なのか、それとも我々の姿を見てゴミを捨てずに持ち帰ってくれる方が増えたのか、そこまで大量のゴミはありませんでした。それでも花火のカス、タバコの吸い殻が目立ちました。タバコのフィルター部分が自然に還るまで約50年かかるとされています。現在もテレビで問題視されているプラスチックや発泡スチロール。細かくなったものを拾うのはとても大変でした。社会貢献奉仕活動を通じて参加してくれた小さな子供も含め、より良い社会の実現に向けて今回の活動を普段の生活の中でも伝える事が大切だと感じました。

 ゴミを拾いながら、小さな子供達はその中で見つけた貝殻などを、宝物のように持ち帰る姿を見て、大人になった私の心が少しきれいになったような・・・気がしました。

                     (西日本ブロック副議長 藤原 武士 記)