R3.7 九州ブロック・青年セミナー

 令和3年7月31日(土) 熊本大津支部をメイン会場に福岡平和準支部、各参加者の自宅をリモートで繋ぎ、青年セミナーを開催させていただきました。

 北島書記により三聖地の意義、聖地の特徴、巡拝の心得という3つのテーマを若い青年部員にも分かり易く発表していただき、一緒に学びました。その後は、勉強会をうけて、そのテーマについて考え、発表していただきました。

 小澤本部員の講話では、カレー作りを通じての奉仕活動の取り組み方やご自身の体験の中で、人にしてあげた事はその時点で忘れる事。してあげた事を思い出し「あの時にしてあげたから、いつかお返ししてほしい」と思う見返りを求めない心構え、誰かにしてもらった時にお返しをできる心構えを学びました。

 なぜなぜコーナーでは、参加者の皆さまより事前に質問をいただきセミナー時に発表し、小澤本部員より、一人ひとりの質問に丁寧に回答をいただきました。特に学生さんの質問には学生の気持ちになり心をよせて回答していただきました。リモート開催ではありましたが、事前に質問を受けて当日に回答を行う事によって、参加者の皆様に心に残るなぜなぜコーナーになったと感じました。

 当初は2日間の開催予定でしたが、コロナ禍の為、1日開催に変更させていただき、2日間の内容を1日に凝縮しましたが、内容も充実しており、セミナー開催を通じて青年部三聖地巡拝錬成に向けたお誘い活動、また普段の青年部活動に繋げていけたらと思います。

 最後になりますが、この様なコロナ禍でも、支部を提供いただきました熊本大津支部、福岡平和準支部の支部長ご夫婦には大変お世話になりました。また、会場に足を運んでいただきました参加者の皆さん、リモート参加者の皆さん、ありがとうございました。

(九州ブロック議長 若杉 修二 記)