R3.8 九州東地区・合同青年会(清掃奉仕)

 令和3年8月28日(土)に九州ブロック東地区合同青年会にて、社会貢献奉仕活動の一環で幸崎海水浴場の清掃奉仕を行いました。

 気温30度を超える炎天下の中、青年部、一般、子どもを含め17名の参加者が汗を流しながら海岸の清掃活動を行いました。大分市の幸崎海水浴場はウミガメが産卵をしにくる海岸として有名な場所で、夏には多くの海水浴客が訪れます。今年はコロナウイルスの影響で海水浴客は少なかったのですが、台風と、連日の雨の影響で海岸にはたくさんのゴミが波によってうちあげられており、袋いっぱいのゴミが集まりました。

 一般の会員さんのご好意により、飲み物の差し入れを頂きながら、熱中症などの体調不良者を出すことなく、無事にゴミ拾いを終えることができました。

 また、海岸を管理する方が今回の清掃奉仕を大変喜んでくださり、最後に海の家でかき氷を提供してくださいました。夏休み中の子ども達にとっては、宿題の日記のネタにしたりと、良い思い出になったようです。

 久々に野外での社会貢献奉仕活動でしたが、事前の許可取りから当日まで無事に問題なく終えることができました。ウミガメのためにも今後も綺麗な海を保っていきたいです。

(九州ブロック書記 北島 鯉久人 記)