R3.8~11 九州ブロック・社会貢献奉仕活動


 令和3年九州ブロック社会貢献奉仕活動は、昨年と同様に個人での活動となりました。コロナ禍の中、他の活動を模索しておりましたが、コロナウイルスの感染者の増大により、個人活動といたしました。献血、ボランティア活動、物質支援、清掃作業等各々が地域社会に役立つ活動をさせていただきました。来年は、役員を含め青年部員が一緒に社会貢献奉仕活動(アクション)が出来たらと考えております。

 九州では本年、大雨による災害や阿蘇山の噴火、桜島の噴火等自然災害の猛威を受けておりますが、われわれ人間もまた、このような大自然の法則のなかに生かされているので、悲観することなく、自然と共生できたらと感じております。

  (九州ブロック 若杉 修二 記)                 



<各自の活動報告>

・活動内容  献血活動

・名  前  若杉 修二

・日  時  令和3年10月13日

・感  想

 昨年に引き続き、献血活動を行いました。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、献血をする方が減少傾向にあり、熊本県は昨年の災害発生で献血率も減少傾向にある中で、献血車両が巡回し献血活動を啓発されております。

 献血をする事で、助かる命があることを再認識させていただきました。今後も定期的に献血活動を通じ、社会のお役に立てる人になりたいと感じさせていただきました。


・活動内容  献血活動

・名  前  後藤 光則

・日  時  令和3年11月7日

・感  想

 約1年ぶり献血へ行かせていただきました。ニュースでコロナの影響で献血される方が少なくなり血液が不足していると聞いた事があり、少しでも力になりたいと思い、させていただきました。








・活動内容  献血活動

・名  前  北島 鯉久人

・日  時  令和3年9月8日

・感  想

 9月8日に社会貢献奉仕活動の一環で、400ml献血を行ってきました。最近、献血をやっていたつもりでしたが、よくよく献血カードを見てみるとほぼ一年振りの献血で、サボってしまっていたなと反省しました。

 注射が少し苦手な私は、一年振りの献血に少し緊張しながら、献血車に乗り、問診を受けましたが、いざ献血が始まるとアッと言う間に終わってしまいました。

 後日、血の成分などを書いた献血結果が届いたのですが、最近のジム通いの甲斐あってか、コレステロール値などの指数が社会人なりたての頃よりも適正な数字になっており、自分の身体が健康であることに、嬉しくなりました。(社会人なりたての頃は少し数値が高めでした笑)

 献血をすることによって、誰かの役に立つと思えると共に、自分自身が健康体であることに気付き、嬉しさと喜びにつながる献血でした。次回は12月以降に献血が可能なので、その際はすぐに献血センターへ行き、献血をしたいと考えています。


・活動内容 動物愛護団体への物資支援

・名  前 高島 準奈

・日  時 令和3年10月

・感  想

 以前より、動物愛護について関心がありました。そして、最近動物と触れ合う機会があり、動物愛護について何かできる事はないか調べてみたところJCDL(動物愛護市民団体)の存在を知りました。 色々な寄付がありましたが、一番使用頻度が高く、不足している新聞紙に決めました。









・活動内容 8月豪雨により浸水被害(佐賀県)に遭った会員さん宅災害ボランティア

・名  前 久島 未紗子

・日  時 令和3年8月17、19、21日(3日間)

・感  想

 佐賀県武雄市は、2年前にも豪雨被害を経験し、昨年は台風被害、今年は更に4日間にわたる記録的大雨で浸水被害が広範囲で発生した。武雄市にお住まいのSさんは、2年前の浸水被害で畳を全て張り替えなくてはいけなくなった教訓から、床上に畳を上げておく台を作成。今年、豪雨の予報があった時から1階の畳と床の荷物を台に上げておいた。

だが、今回はそれを上回る水が襲い、Sさんのご家族は「庭が海のようだった」と言われた。

 また、新型コロナウイルス対策により、災害ボランティアの受け入れを県内在住者に限定せざるを得ない事が影響し、人手が不足していると武雄市ボランティアスタッフから聞いた。

 私と母、妹でお手伝いに行き、水に浸かってしまった家具を積み込み、集積場へ運ぶと、そこには同じように被害に遭った方々の処分しなければいけなくなった物がたった1日で山になっていた。

多くの方々の日常生活が変容したのだと実感した。

荷物の運び出し、整理が終わると床板を一枚ずつ剝がして洗浄、乾燥させるために並べたが、お手伝いに行かせていただいた3日の内も雨が続き、中々乾燥が進まなかった。

 家屋の乾燥が進めば、床下の泥のかき出しや吹き上げ等の作業が出てくる。

 Sさんは、人に手伝っていただきたい部分の30%は済み、残りは少しずつ家族で片付けしていくとの事で、復旧はこれからもまだ続く。

 九州は自然災害が多いため、安心して日常生活を送れる一日一日に改めて感謝し、被災する地域が拡大しない事を願っている。


・活動内容  献血活動

・名  前  北島 加偉鯉

・日  時  令和3年11月9日

・感  想

 今回、社会貢献奉仕活動に献血を行った理由は、輸血を必要としている方や困っている人を身近にお手伝いできるのが献血と思ったからです。

 私は、生まれつきからの障害もなく、今まで何不自由なく生活してきました。

 少しでも困っている人の力になればとの思いで行動させていただきました。













・活動内容  地域の県道・のり面の除草作業 約1キロ

 ※のり面(法面)…切土や盛土により作られる人工的な斜面

・名  前  橋本 龍太郎

・日  時  令和3年8月~10月

・感  想

 私が住んでいる地域は、長年除草作業がされていませんでした。

 このままでは大きな事故が起こると考えこの活動にしました。

 機械で刈れない所は草刈り機を使用しました。枯れ草は焼却をしました。