WCRP女子プロジェクト 第1回参加報告

 先日9月19日(日)~20日(月・祝)、WCRP(世界宗教者平和会議)日本委員会主催のコミュニハート(CommuniHeart)プロジェクト【※】・第1回が行われました。

 青年幹事の一人である、舘野青年本部事務局次長がプロジェクトメンバーとしてお使いいただく中、全国青年部代表の以下3名が参加させていただきました。

 ・荒木彩那さん(北関東ブロック群馬教区・群馬水上支部)

 ・加地仁美さん(関西ブロック・神戸教区・神戸中央支部)

 ・高島準奈さん(九州ブロック・北地区・福岡平和準支部)

 

 2日間、コロナ禍の為、全てリモート配信で行われました。参加者3名より感想をいただきましたので、紹介させていただきます。(プログラムの詳細は下表をご覧ください)


🌸荒木彩那

第1回目からいのちと幸せというかなり大きなテーマでしたが、自分の考えをしっかり持ってグループの人と共有することができたのでよかったです。たくさんの人とコミュニケーションがとれて楽しかったです!!


🌸加地仁美

初回のセミナーを終えて、大葉ナナコ先生の【命】についての講演は生命の誕生について話を聞かせていただき、その誕生が脈々と現在まで繋がれているものなのだと改めて知ることができました。進化しながら動物になったり、鳥になったり、人間になったりと色々な形に変化し今でも続いていることが神秘的だなと感じました。とても勉強になりました。また、二日目は自分を知るということで、今まで自分と向き合うことはそんなになかったのでいい機会になったと思います。グループセッションでも自分の話もし、みんなの話を聴き分かち合うことができる素晴らしい時間だと感じました。早く次回開催の11月になってほしいなぁと思っています。


🌸高島準奈

9月19日、20日の2日間、WCRPが主催する女性の為のプロジェクトであるCommuni Heartプログラムに参加いたしました。参加の切っ掛けは、舘野事務局次長よりお誘いを受け、プロジェクトの詳細に興味を持った事でした。数回のプログラムの中で、提供されたテーマに沿いながらチームの仲間たちと自分の素直な気持ちを分かち合い、認め「本当のわたしらしさ」を発見する事で明るく前向きな人生を歩んでいくという内容です。1日目は「いのち」をテーマにあらゆる角度から考えを深めていきました。いのちとは何なのか、生きるという事について自問自答し、仲間とも考えを共有しました。命を授けていただいた奇跡や、生まれてきた意味を改めて感じる事で、普段、支部長や先生方よりお話いただく「ふさわしく」の意味を心から理解することが出来ました。2日目は「幸せ」がテーマでした。「幸せ」こそ、人によって価値観が違う内容なのでグループワークもとても盛り上がりましたが、私のグループでは「苦楽」についての学びがありました。何故苦しい事と嬉しい事が共存するか不思議だという話になったのです。色々な意見がありましたが、私は、苦しい事と楽しい事がバランスよく共存する事で「ふさわしく」お使いいただけるようになっているのだと思っています。苦しい事が多くては、真っ暗な道に悲観してしまいますし、楽しい事が多くても、人の痛みを忘れてしまいます。金剛さまがおっしゃるよう、「調和」が大切な事に気がつきました。解脱会の教義に繋がり、今後も秘義三法を実践しふさわしくお使いいただける私になりたいと強く思います。次回のプログラムが楽しみです!

今後も随時、こちらで報告させていただきますので、皆様、応援よろしくお願い致します。

次回、第2回は11/14(日)です。よろしくお願い致します。

【※】コミュニハート(CommuniHeart)プロジェクトとは…

女性のためのコミュニティプログラムで、2021年9月より22年5月までの全5回、行われます。(9/15公開の記事に紹介させていただきました。)